子供に正しい鉛筆の持ち方を教えるために購入したクレヨン・色鉛筆などの文具を公開しています

鉛筆の持ち方を覚えるための幼児の筆記具1:初めてのクレヨン

  • HOME »
  • 鉛筆の持ち方を覚えるための幼児の筆記具1:初めてのクレヨン

「正しい鉛筆の持ち方」を覚えるための初めての筆記具はどのようなものが良いのか?

赤ちゃんの脳を育む本 表紙画像

0〜2歳向け育脳本『赤ちゃんの脳を育む本』(京都大学名誉教授・久保田 競/著)に「はじめての鉛筆」についての記述がありました。

育脳本による「正しい鉛筆の持ち方」を覚えるための初めての筆記具とは?

ちなみに、この育脳本の著者である京都大学名誉教授・久保田競氏とは、フジテレビ系『エチカの鏡』などで有名な「カヨ子おばあちゃん」の旦那様。

『赤ちゃんの脳を育む本』には「正しい鉛筆の持ち方を教えるための初めての筆記具」について、こう書かれています。

『赤ちゃんの脳を育む本』の引用部分

“鉛筆もクレヨンも、手にすっぽりおさまるくらいの短いものを、包み込むように持たせるといいでしょう”

(本より引用。※新版もありますが同ページがあるかは不明)

本は各通販で買えます↓

画像は「ブックオフオンライン楽天市場店」より
楽天市場『赤ちゃんの脳を育む本』安い順で探す

Amazonで『赤ちゃんの脳を育む本』を探す
(詐欺被害あり。マーケットプレイスの店選びに注意)
Yahoo!ショッピング『赤ちゃんの脳を育む本』安い順で探す

つまり、正しい鉛筆の持ち方の練習に適している初めての筆記具は「小さくなった鉛筆やクレヨン」でいいのだそうです。

正しい持ち方への第一歩として購入したユニークな形のクレヨン

特別な道具が必要ないのはお手軽でうれしいですね。
ただ、自分で持ち方を教えるのは根気がいりそう…

そう思っていたとき、加入している生協のカタログでユニークなクレヨンを見つけたんです。

6色積み上げたベビーコロールの写真

そのクレヨンとは「ベビーコロール」(記事)

「持つ部分が丸い」のが特長で、

ベビーコロールを使っている画像

小さなお子さんが自然と「上から包み込むような形」で握ることができます。

これならうるさく教えなくてもいい♪

「正しい鉛筆の持ち方」への文具選びはこのクレヨンから始まりました。

続きをよむなら…

幼児の筆記具2:極太文具
幼児の筆記具3:太めの三角鉛筆
鉛筆の持ち方の矯正文具

前の記事

正しい鉛筆の持ち方は「文具の工夫」で

商品別 筆記具記事一覧⇒


たまひよSHOPスポンサーリンク
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.